田舎で働くピアノ講師の日記

o7dqbk.exblog.jp ブログトップ

佐々木正洋 (テレビ朝日)

佐々木 正洋(ささき まさひろ、1954年7月17日 - )とは、テレビ朝日のアナウンサーである。来歴・人物福岡県北九州市出身。福岡県立小倉高等学校、慶應義塾大学法学部卒業後の1977年、テレビ朝日(当時:全国朝日放送)にアナウンサーとして入社した。慶應義塾大学では落語研究会の部長として活躍。妻は元フジテレビアナウンサーの古賀万紀子、「3年B組金八先生」乾友彦役でお馴染みの俳優の森田順平は高校の同級生である。ニュース・ワイドショー・スポーツ番組と一通り実況とレポートをこなすが、1990年、『ワールドプロレスリング』の選手控え室レポートにおいて、新日本プロレスの東京ドーム大会試合前のアントニオ猪木(当時、参議院議員)に対し、「もし負けるということがあると、これは勝負は時の運という言葉ですまないことになりますが」と質問したため、「出る前に負けること考えるバカいるかよ!」と強烈な張り手を受けて、「出てけ!コラ!」と激怒された。現在、アントニオ猪木の張り手・ビンタは活を入れてもらうためとして素人が求めることも多いが、公の場でこれを受けた素人は佐々木が初めてであり、プロレスファンの間では語り草となっている。翌日、病院で検査したところ重度のムチウチと診断され、入院した。呆れた・馬鹿らしいニュースを紹介する際、記事を読み終えると「はぁー…」とため息(情けないという意味をこめて)をついて次の記事に移る。また、おくやみ記事や悲惨な記事を読み上げる際はBGMはなく、2?3秒ほど無言になってから次の記事へ移る。悪辣な犯罪などの記事を読んだあとはカメラがズームし、真顔のドアップになり厳しい表情をする。まれに激昂し、怒りを感じる記事には差し棒で新聞や壁をたたき、怒りを伝える。 なお、芸能人のスキャンダル記事に関しては、記事に登場した芸能人のイメージが悪くならないよう、擁護する意見を述べる。 ただし、罪を犯して「逮捕・起訴された」に関しては、当然ながらバッサリと切り捨てる。 年数の「よねん」を「よんねんと」言うなど、4の読み方が独特である。現在の出演番組ワイド!スクランブル(「夕刊キャッチUP」の月?木)Sunday!スクランブル(司会)大都会事件の最前線過去の出演番組アフタヌーンショー(芸能中心のレポーター)スーパーJチャンネル(世紀末事件簿)こんにちは2時ワールドプロレスリング(実況)ナイ

敦賀原発1号機の40年超運転、地元が了承(読売新聞)
【Web】ポスペがツイッターに対応 「PostPetNow」(産経新聞)
無登録でモンゴル投資募る=100人から5億円超集金か−容疑で業者捜索・警視庁(時事通信)
学校爆破予告メールは「何となく」 27校休校、容疑の男子中学生逮捕(産経新聞)
毎日新聞世論調査 小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%(毎日新聞)
[PR]
by sqnaejhnhe | 2010-03-02 00:57
line

ピアノ講師の平凡日記(記録用)


by sqnaejhnhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite